オメガ3・オメガ6・オメガ9のそれぞれの違い

体内で合成できるため非必須であり、健康リスクとして槍玉に挙げられやすい動物の脂である飽和脂肪酸とは対照的に、オメガ3脂肪酸の属する不飽和脂肪酸は健康的なイメージがあります。

 

しかし不飽和脂肪酸はさらにオメガ3・オメガ6・オメガ9脂肪酸と分けられており、この中で現代人の摂取量が不足しているのはオメガ3脂肪酸だけです。それぞれ体内での働きが異なり、バランスが崩れると体の中で悪影響を及ぼすものもあります。オメガ3脂肪酸だけでなくオメガ6・オメガ9脂肪酸についても知っておき、どのような食品に含まれるか抑えておくのがいいでしょう。

 

オメガ3脂肪酸はご存じの通り健康のために重要な脂質であり、脂肪酸でありながら血中の中性脂肪やコレステロールを減少させるなど、他の飽和脂肪酸などと全く真逆の働きを行います。飽和脂肪酸の摂取量が過剰になりがちな現代にこそ必要な栄養素といえるでしょう。一方で一般的な植物油に含まれるオメガ6脂肪酸、オリーブなど一部の植物の種子に含まれるオメガ9脂肪酸はどちらも摂取量は不足していません。

 

オメガ9脂肪酸は人間の体内で合成できるため非必須脂肪酸ですし、オメガ6脂肪酸はむしろ過剰摂取が問題となっており、飽和脂肪酸と同様に摂取制限を行わなければならないほどです。

 

オメガ6脂肪酸はオメガ3脂肪酸と拮抗関係にあり、両者のバランスがオメガ6脂肪酸に傾くと体内で炎症をもたらす成分が過剰分泌されアトピーなどの原因にもなります。インスタント食品やファーストフードばかりの食事ですとオメガ6脂肪酸が過剰になりますので気をつけなければなりません。