オメガ3の摂取量、副作用、安全性

 

オメガ3脂肪酸は必須脂肪酸にカテゴライズされる栄養素であり、体内で合成できないため必要な量を必ず摂取しなければなりません。

 

一方で摂取量はいくらでも多ければ多いほどいいというわけでもなく、過剰摂取はやはりよくありません。自然食品による摂取では不足しがちなオメガ3脂肪酸ですが、健康食品やサプリメントを利用する場合には適切な用法・用量を守る必要があります。

 

1日1gが目標摂取量

 

オメガ3脂肪酸の摂取目安量として、日本では厚生労働省が1日1g(1000mg)の摂取を推奨しています。毎日1gのオメガ3脂肪酸を摂取すれば、体が必要とするオメガ3脂肪酸を満たせる上に血中の中性脂肪値を低下させるなどの健康効果も十分に得られるという量になっています。

 

基本的に副作用、安全性に問題はない

 

1日に1g程度の摂取ならば基本的にオメガ3脂肪酸そのものの副作用は報告されておらず安全性に関して問題はないと考えられています。

 

海外産など含有量が多いオメガ3サプリに注意

 

ただし近年では健康ブームから海外産を中心に高容量のオメガ3サプリメントが一部販売されており、これらの利用による副作用の報告が寄せられています。

 

具体的な症状としては腹痛やおなかが緩くなる、吐き気など消化器症状が多いようです。日本での副作用の報告は用法を無視した過剰摂取か海外産サプリメントの利用によるものがほぼすべてです。

 

基本的に、適切な摂取量を守る限りは安全性の高い栄養素と考えていいでしょう。1g/日も推奨目標量であり上限量ではありませんので、食品からの摂取に関してはあまり過剰摂取を気にしすぎる必要はありません。一方でサプリメントの利用に関しては用法・用量をきちんと守りましょう。

 

参考:オメガ3が含まれる食べ物は?