オメガ3はアトピー、花粉症などに良い?

現代ではアトピー性皮膚炎や花粉症など、アレルギーや自己免疫疾患の罹患者数が急増しています。これらの病気のメカニズムは複雑なもので、原因を一つに絞り込むことは難しいものですが、しかしいくつかこれらの発症リスクを上げる要因は明らかになってきています。その一つは現代の食生活で濫用されている植物油の過剰摂取であり、逆にこの影響を抑えるものがオメガ3脂肪酸です。

 

サラダ油など一般的な植物油は主成分がオメガ6脂肪酸となっており、これは概ね体に悪い影響を及ぼすものです。オメガ6脂肪酸もオメガ3脂肪酸と同じく必須脂肪酸なので、ある程度摂取することが不可欠な栄養素ではありますが、油を用いた出来合いの食品やインスタント食品・外食メニューなどには大量に含まれており、現代において不足することはまずあり得ません。

 

そしてこのオメガ6脂肪酸がオメガ3脂肪酸に対して一定以上過剰になると、体内で炎症を引き起こす物質が作られ、これが不必要に炎症を発生させていることがわかっています。アトピーや花粉症というのは本来起こす必要のない対象に免疫反応として炎症を発生させてしまっているものであり、オメガ6脂肪酸過剰による炎症物質が大きな原因と目されています。

 

オメガ6脂肪酸はオメガ3脂肪酸と拮抗関係にあるため、オメガ3脂肪酸をある程度の量摂取するとオメガ6脂肪酸の量が減ること、またオメガ6脂肪酸の生成する炎症物質まで減らす働きがあることから、オメガ3脂肪酸の摂取はアトピーや花粉症の予防・改善に大きな効果が期待できます。