オメガ3は中性脂肪・コレステロールを下げる?

オメガ3脂肪酸は現代人にこそ必要な栄養素であると言われ、特に食生活が偏りがちな人は魚を食べてオメガ3脂肪酸を摂取するべきと厚生労働省などの公的機関でも広く訴えています。現代の食生活は全年代において脂質過剰が深刻化しているのに、その上さらに脂肪酸を摂取するのは本当に体に良いのかと思ったことがある方もいるのではないでしょうか。

 

しかしオメガ3脂肪酸は脂肪酸の中で特殊な働きを行う脂肪酸であり、他の脂肪酸とは逆に血中の不要な脂質を掃除する働きがあるのです。現代の生活習慣病として特に多いのが脂質異常症とその合併症である動脈硬化や狭心症・心筋梗塞などですから、血中の不要な脂質を取り除いてくれるオメガ3脂肪酸の必要性は理解してもらえると思います。

 

オメガ3脂肪酸は体液や脳に多く含まれ、血液中にも多く存在しています。そして血中に送られたオメガ3脂肪酸は代わりに中性脂肪を血液から排除し、中性脂肪総量を減少させます。そして血中の中性脂肪はコレステロール、特にLDL(悪玉)コレステロールを増加させるため、間接的にLDLコレステロールを低下させることにもなります。血液中に含まれる中性脂肪・コレステロールが減少すると血液の粘性が薄まるため、このことをもって「魚を食べると血液がサラサラになる」と言われるのです。

 

脂っこい肉中心の食事を青魚中心に切り替えれば、飽和脂肪酸の摂取量が減ることと併せて二重に血液・血管の健康を増進することができるでしょう。